秩父市の近藤医院|内科・婦人科・小児科・眼科・神経内科・家庭医療

ご予約・各種お問合せはお気軽に0494-22-0043

当院からのお知らせ

当院からのお知らせ

梅雨明けしてしまいました。

今日関東は梅雨明けしたそうです。史上初の6月梅雨明けとのこと、長い夏になりますね。

温度も湿度も高くなると熱中症の危険性が高まりますので注意してください。

厚生労働省から出されている熱中症予防のポイントです。

〇室内では・・・
 ・扇風機やエアコンで温度を調節
 ・遮光カーテン、すだれ、打ち水を利用
 ・室温をこまめに確認
 ・WBGT値※も参考に ※WBGT値:気温、湿度、輻射(放射)熱から算出される暑さの指数
  ⇒環境省のホームページ(熱中症予防情報サイト)に、観測値と予想値が掲載されています。
〇外出時には・・・
 ・日傘や帽子の着用
 ・日陰の利用、こまめな休憩
 ・天気のよい日は、日中の外出をできるだけ控える
〇からだの蓄熱を避けるために
 ・通気性のよい、吸湿性・速乾性のある衣服を着用する
 ・保冷剤、氷、冷たいタオルなどで、からだを冷やす

〇室内でも、外出時でも、のどの渇きを感じなくても、こまめに水分・塩分、経口補水液※などを補給する

熱中症は他人ごとではありません。

予防が何より大切で、重症になると命にもかかわる問題です。

注意して暑い夏を乗り切りましょう!

工藤尚子の診療終了のお知らせ

梅雨らしい天気が続いています。

巷では胃腸炎が流行しており、鼻風邪の人も増えている印象です。

気温の変化が激しいので体調管理に注意してください。

 

さて、誠に勝手ながら水曜日に内科・小児科診療を行っていた工藤尚子が、転居の為7月で診療を終了します。

9月5日からは水曜日の午前は嶋田倫子が内科・小児科診療を行う予定です。

院長の診療は引き続き行いますので8月中も通常通り受診していただけます。

ご迷惑おかけしますが、よろしくお願いいたします。

看護実習のお知らせ

急に寒くなったりで体調管理が難しいですね。

また日に日に暑くなるようなので体温調整しやすい服装にするなど注意して生活して下さい!

 

5月10日から5月21日まで、秩父看護専門学校の看護学生さんの診療所実習を受け入れています。

診療所での診療の様子を主に見学していただきます。

秩父地域医療の将来を担う学生さん達の教育の為、ご協力の程よろしくお願いいたします。

はしかの流行が拡大しています。

ゴールデンウィーク前ですが、はしかの流行が広がっています。

はしかはかかってから発症するまでの時間が比較的長く、感染する力が強い為広がりやすい病気です。

ワクチンもすでに不足気味になっている様ですがね、子供さんの摂取漏れがないかなどもう一度確認して下さい。

楽しい連休をお過ごし下さい!

暖かいですね。

昨日までは肌寒かったですが今日はあったかでしたね。

芝桜も大分綺麗に咲いていました!

気温差の大きい時期で風邪の方も増えています。

週末は暑くなるみたいですので体調に気をつけてください。

新年度になりました。

新年度になりました。

お仕事や、生活のリズムが変化された方も多いかと思います。

子供達もこれから新しい学校や学年の生活で、楽しみとともに緊張もありますね。

心身ともに慣れるまでは疲れがたまったりしやすいかと思います。体調を崩さないよう気を付けてお過ごしください。

今年は花粉が多い予報でしたが、予報以上に多く飛んでいる様です。特にヒノキは昨年の数十倍という多量の飛散があるみたいです。

落ち着くまでもう少しかかりそうです。花粉症は車の運転などでも判断力を低下させるといわれています。

引き続き注意してお過ごしください。

桜満開🌸

急に暖かくなって桜が素晴らしいですね。

清雲寺のしだれ桜は満開でした。

忙しい毎日と思いますが、是非桜を見て一息ついてください!

今日は暖かいですね。

大分暖かくなりました。

所々で桜も咲き始めていますね。

インフルエンザもかなり少なくなりましたが、まだ一部でインフルエンザAが流行っています。

インフルエンザ以外の風邪の方もいらっしゃるので気をつけてお過ごし下さい。

花粉が唸っています!

 

今年は本当に花粉がすごいですね。

黒い車が黄色くなっています。

今年は今まで大丈夫だった方も含めて、多かれ少なかれ花粉症の症状が出ています。

秩父は特に花粉が多いので小さいお子さんでも花粉症が出ている印象です。

スギ花粉は今週がピークとの事ですので頑張って乗り切りましょう!

一番大切なのは花粉に回避する事です。気をつけてお過ごし下さい。

花粉症対策について

花粉症対策をしましょう!

今年のスギ花粉のピークは3月初旬から中旬とのことです。

自分でできるセルフケアとしては外出時にマスク、めがねをして、原因の花粉を少しでも体の中に入れないようにする努力が必要です。花粉症用のマスクでは花粉が約1/6、花粉症用のめがねでは1/4程度に減少するそうです。

また花粉情報に注意し、花粉飛散が多いときには無駄な外出は避けるようにしてください。家にいる場合でも、花粉飛散の多いときには窓の開け閉めに注意をしましょう。雨の日や夜の間に換気をした方がいいです。

外出する場合にはけばけばした花粉のつきやすいコートを着ることは避けましょう。ナイロンなどの素材のものにして、家に入る前に花粉をはらうようにすると良いようです。

外出から帰ってきたらすぐに顔を洗い、うがいをしましょう。全く症状をなくすことは不可能ですが、少しでも症状を軽くすることができます。鼻粘膜の状態を良くするように、悪化の因子であるストレス、睡眠不足、飲みすぎなどを抑えることが必要です。

花粉症と最も間違えやすい疾患がかぜです。くしゃみ、鼻水、のどの違和感、微熱などの症状がよく似ています。かぜは通常1週間程度で回復しますが、花粉症は少なくとも2週間程度続くことがほとんどで、花粉の飛散が収まるまで症状が続きます。簡単な見分け方としては、花粉症で出る鼻水はサラサラで水っぽい鼻水なのに対して、かぜの鼻水はドロドロとした粘度の高い鼻水なので、かぜかなと思ったら鼻水をチェックしてみましょう。

記事カテゴリー
月別バックナンバー

1 ~ 10件 / 全22件

診療科目

家庭医療ってなぁに?

近藤医院について

近藤医院について

所在地:埼玉県秩父市日野田町1丁目9-30
TEL:0494-22-0043
時間:午前 9:00~12:00,午後15:30~18:00
詳細はこちらから

ページTOPへ