秩父市の近藤医院|内科・婦人科・小児科・眼科・神経内科・家庭医療

ご予約・各種お問合せはお気軽に0494-22-0043

当院からのお知らせ

当院からのお知らせ

2022年秩父地域と新型コロナ(15)

11月も終わろうとしており、12月に入ると本格的な冬が到来するようです。日が短くなりこの時期はあっという間に時間が過ぎていく感じがします。

さて、秩父地域の新型コロナウイルスの状況について書かせていただきます。

①感染状況

まずは現時点での秩父地域の感染状況ですが、ここ最近は秩父郡市では毎日100名程度の新しい感染者が出ています。クラスターも多発していますが、どこか一カ所でたくさんというよりは、同時多発的にどことなく誰となく感染している印象です。軽症で検査を受けていなかったり、怪しくてもなかなか検査で検出されない場合もあり、実際の感染者数はさらに多いと思われます。症状は、普段から元気な方は軽症ですむことが多く、大体辛い時期は2-3日で終わります。その後は咳などが続いても7日間程度で概ね症状は軽減している印象です。ただ、やはり高齢者は入院を要したり、全身状態が悪化することも少なからずあるようです。すでに地域内でも病院内や高齢者施設でのクラスターが多発しており、非常に心配な状況です。

②医療体制

寒くなってきて風邪症状の方が増えてきました。新型コロナの流行だけでなく、風邪症状の方や寒冷アレルギーの方、インフルエンザの方など症状の判別が難しくなっています。また新型コロナ感染者が増えたことにより陽性者の周囲の方が心配されて受診される事も増えています。発熱外来という意味では現時点でどこの医療機関もすでにいっぱいいっぱいになっている様です。秩父地域は非常に多くの医療機関が感染対策をしながら、発熱外来をおこなっています。(県内の市町村で2番目に充実しています)それでもすでにスムーズに発熱外来を受診することが難しい状況になってきています。

また、地域内の新型コロナウイルス感染症入院医療機関はすでにいっぱいです。現在地域内で入院が必要になっても、地域内での入院は困難でかなり遠方になることも増えているそうです。入院が必要でも入院できない状況が間近に迫っている様です。

元気な人にとっても熱や咳で辛い時に医療機関で相談できないのは辛いことです。完全にコロナと共生ムードですが、各自がかからない様に気をつけること、地域として感染者をべらぼうに増やさないことは今後も大切です。一定の感染対策は是非継続してください。

③ワクチン接種状況

現在オミクロン株対応ワクチンの接種が急ピッチですすめられています。オミクロン株対応ワクチンの有効性も証明されてきており、安全性も今までのワクチンと同等程度の様です。ただ接種間隔の短縮などもあり、現時点ではなかなか予約が取りにくい状況になっています。各医療機関が接種人数を増やしたり、各市町が集団接種の人数を増やしたり、極力希望される方が早くワクチンを打てる様準備をしています。予約センターやLINE予約も、一度いっぱいになっていても、追加枠ができたり、キャンセルが出たりで、早めの予約ができる可能性もあります。ときどきご確認頂ければと思います。御自身の重症化が心配な方は是非早めに接種してください。

④今後の備え

新型コロナの難しさは、病気として軽症になってきたとはいえ、感染力が高く、爆発的に感染者が増えるところにあります。感染者が多くなりすぎると、病状の重い方や、症状の辛い方が、なかなか医療を受けられなくなります。一気に増やさない様にすること、ある程度各自が備えることも重要になります。

・なるべく感染しない様に注意する。

・重症化リスクのある方は早めにワクチン接種をする。

・家庭に抗原検査キットを準備しておく。

・市販の解熱剤や風邪薬を用意しておく。

など、各自の備えをよろしくお願いします。

 

秩父は週末は秩父夜祭です。今年は寒くなりそうです。

悪疫退散!!を願って。

是非気をつけて楽しんでください。

 

風邪症状外来について(2022年11月20日更新)

当院の風邪症状外来についてご連絡します。

発熱などの風邪症状での受診者が急激に増加してきました。秩父地域でも新型コロナ感染者が増加しており埼玉県の中でも人口当たりの感染者数はかなり多い状況です。

世間でも第8波の始まりと言われていますが、秩父地域もすでに第8波に突入してきている印象です。

これから急速に感染者数が増えるとなると、恐らく新しい変異株が主体になってきます。すでに日本でも新しい変異株が全国的に検出されており置き代わりが始まっています。変異株が出てくることによって、第7波でコロナに感染した方でも、もう一度感染してしまう可能性が高くなり、また誰がなってもおかしくない状況になると思われます。最近コロナにかかった方、オミクロン対応ワクチンを接種した方も一定の感染対策は継続してお過ごしください。

インフルエンザはまだ流行が始まっていませんが、今年は海外からの人の流れが再開していること、感染対策が緩和されている事を考えると流行することが心配されます。すでに秩父地域でもインフルエンザの感染者が出てきている様です。南半球のオーストラリアでは今年の夏に過去最大級のインフルエンザの流行があり、日本を含む北半球もこの冬に流行があると考えられています。インフルエンザにも注意が必要になってきています。

同時流行が起こると、第7波以上に発熱患者さんが増加して、コロナでもインフルエンザでもなかなか医療機関に受診できなくなる可能性があります。今のうちにできる準備として、

・なるべくワクチン接種をしておくこと。(インフルエンザ・新型コロナウイルス)

・解熱剤や風邪薬などの置き薬を準備しておくこと。

・コロナの抗原キットをいくつか用意しておくこと。

をおすすめします。

 

当院の風邪症状外来については第7波の時に一般診療が通常通り行えなくなってしまったり、非常に待ち時間が長くなってしまい、安全管理上の観点から制限なく風邪症状の方の診察を行うことは困難になりました。

現在すでに第8波にともなう風邪症状の受診が非常に多くなっており、非常に厳しい状況です。

2022年11月21日以降は風邪症状外来受診・新型コロナウイルス検査については下記の通りとします。ご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。

【風邪症状外来の受診について】

(1)新型コロナウイルスの検査を希望される方の受診は上限を設定します。対象は当院の診察券をお持ちの方と、14歳以下の小児(小児の受け入れ医療機関が少ない為)とします。※対象の方が受診される場合、同居家族の方については極力対応しますのでご相談ください。

(2)風邪症状(発熱・咳・鼻汁・頭痛・下痢・関節痛など)で受診し、新型コロナの検査を希望される方は電話で予約してください。直接来院された場合も、検査希望の方は時間の割り振りをさせて頂きます。ただ、時間の割り振りは検査の集中を避ける為なので、直接来院された方の診療状況によっては来院後も診察までお待たせしてしまいます。(診療の順番は受付順となります。)あくまで来院して頂く時間の目安なので、時間に余裕を持って受診してください。電話は朝8:40頃から受けつけます。原則として症状のある方の検査なので、陰性証明の為の検査などは行いません。

(3)風邪症状(発熱・咳・鼻汁・頭痛・下痢・関節痛など)で受診される方は、風邪症状の専用診察室で診察します。なるべく車で来院し、院内に入らず駐車場から電話して受付してください。風邪の流行状況により待ち時間がかなり長くなることがあります。申し訳ありませんが、予めご了承ください。トイレを済ませてからいらしてください。

(4)小児の風邪症状は、今まで通り受付順で診療します。受診自体に予約は不要です。コロナの検査を絶対にしてほしいという場合は検査の予約をしてください。検査予約していなくても診察の結果、症状や周囲の流行状況などから必要と思われる場合は、コロナを含む迅速検査をさせていただく場合があります。風邪症状の方が多い場合は、お待たせする時間がかなり長くなってしまう可能性がありますので時間に余裕を持って来院してください。

(5)検査枠がいっぱいになってしまった場合は、その日の新型コロナ検査の受付を終了する場合があります。申し訳ありませんが、ご了承下さい。

※当院では新型コロナやインフルエンザの迅速検査は、原則鼻の奥を綿棒でこする方法(鼻咽頭ぬぐい法)で検査します。

 

いよいよ感染状況が悪化してくると、薬や検査キットの入手も難しくなる可能性があります。冬に備えて各家庭でも今のうちの準備をお願いします。

本格的に寒くなってきましたので、体調管理をしっかりして、感染症に負けないようにみんなで気をつけていきましょう。

 

年末年始休診のお知らせ

年末年始の休診日についてお知らせします。

2022年年末は、12月30日(金)午前まで診療を行います。30日の午後から休診となりますのでご注意ください。

2023年年始は、1月6日(金)より診療を開始します。

 

休診期間:2022年12月30日午後~2023年1月5日

 

年末年始は、混みあう日があるかと思いますが、ご理解の程よろしくお願いします。

12月臨時休診のお知らせ

令和4年12月3日は秩父夜祭の為終日休診です。

 

また、婦人科診療(院長診察)については都合により12月1日も休診となります。※内科診療は通常通り行います。

曜日の関係もあり、婦人科は12月1日木曜日~12月5日月曜日まで休診です。御気をつけて受診してください。

尚、内科の診療日であれば、処方が切れてしまう場合などはご対応いたしますので、窓口にてお声がけください。

ご迷惑をおかけしましが、よろしくお願いいたします。

 

2022年インフルエンザワクチンのお知らせ(11月更新)

インフルエンザワクチンについてのお知らせです。

ここ2年はインフルエンザの流行がありませんでしたが、今年は感染対策の緩和などもあり流行するのではないかと言われています。

新型コロナの第8波も徐々に始まっており、コロナとインフルエンザの同時流行も心配されています。

今年は昨年と比較してインフルエンザワクチンの供給量に余裕がありますが、下記の方針で接種をしていきます。よろしくお願いします。

11月21日以降のインフルエンザワクチン接種の方針は以下の通りになります。

(1)当院に定期通院中の50歳以上の方

・接種開始期間 : 2022年11月21日(月)~
・接種料金:65歳以上は1,200円(税込)、65歳未満は4000円(税込)
・接種時間:定期通院の受診時にワクチン接種も行います。
・予約:不要。当日問診票を記入して頂きます。(希望される方は受付時にお申し出ください。)

※高齢者インフルエンザ予防接種(65歳以上)は、接種日当日に満65歳以上(64歳の方は、65歳の誕生日の前日から)の方が対象です。
※当日は、保険証、医療受給者証などを必ずお持ちください。

(2)定期通院中でない60歳以上の方

・接種開始期間 : 2022年10月1日(土)~
・接種料金:65歳以上は1,200円(税込)、65歳未満は4000円(税込)
・接種時間:当院診療時間内(水曜日以外)
・予約:電話予約。(なるべく13:30〜14:30の間にお電話ください。木曜日と日曜日は×)同時に予約できるのは2名までとします。

・当日問診票を記入して頂きます。

※高齢者インフルエンザ予防接種は、接種日当日に満65歳以上(64歳の方は、65歳の誕生日の前日から)の方が対象です。
※当日は、保険証、医療受給者証などを必ずお持ちください。

(3)一般の方(15歳以上)

・接種対象者:当院の診察券をお持ちの方とその御家族の方
・接種開始時期予定: 2022年11月~
・接種料金:4,000円(税込)
・接種時間:ネット予約した日時に来院してください。15分前を目途にいらしてください。
・予約:ネット予約が必要です。近藤医院ホームページの《ワクチンネット予約》ボタンから予約してください。
・予約受付時間:随時予約枠は更新されます。

※当日は、保険証、医療受給者証などを必ずお持ちください。

未成年(17歳以下)は問診票に保護者の同意と立ち合いが必要です

(4)小児(0歳6ヶ月~14歳)

・接種対象者:0歳6ヶ月~中学生

※2回接種の対象は『12歳以下の方』とします。
※1回分のみ予約可能です。上記の2回接種対象の方は1回目接種後に2回目の予約をしてください。3-4週間空けての接種がお勧めです。(最低2週間は空けてください。5-6週空いても大丈夫です)

※半年未満の赤ちゃんはインフルエンザワクチン接種はできません。

・接種開始期間:2021年11月~
・接種料金:1回目4,000円(税込)、2回目3,000円(税込)※他の医療機関との兼ね合いで2回目料金を変更しています。
・接種時間:ネット予約した日時に来院してください。15分前を目途にいらしてください。
・予約:ネット予約が必要です。近藤医院ホームページの《ワクチンネット予約》ボタンから予約してください。
・予約受付時間:随時予約枠更新します。

※当日は、保険証、こども医療費受給資格者証などを必ずお持ちください。

※待合室が混雑するので、一人の子供さんに付き添いは原則一人としてください。

小児は問診票に保護者の同意が必要です

<注意事項>
・今年はワクチンの数には余裕があります。慌てずに接種をご検討下さい。

・ネット予約の際に家族で一人だけ別の日になってしまったりした場合は、電話で相談してください。同じ日で時間帯が分かれてしまった場合も一緒に来ていただいて結構です。午前午後で分かれている場合でも大丈夫です。

・当日は腕の出しやすい服装で来院してください。アルコール消毒に問題がある方、過去のワクチン接種でトラブルのあった方は必ず申し出てください。

 

1 ~ 5件 / 全5件

ワクチンネット予約

診療科目

家庭医療ってなぁに?

近藤医院について

近藤医院について

所在地:埼玉県秩父市日野田町1丁目9-30
TEL:0494-22-0043
時間:午前 9:00~12:00,午後15:30~18:00
詳細はこちらから

ページTOPへ