秩父市の近藤医院|内科・婦人科・小児科・眼科・神経内科・家庭医療

ご予約・各種お問合せはお気軽に0494-22-0043

当院からのお知らせ

当院からのお知らせ

コロナウイルスの感染が拡大しています

コロナウイルスの感染が拡大しています。

連日の報道に皆さんもストレスを感じていることと思います。

現在も日本はもちろん世界中でいろいろな人がそれぞれの考えを持って新型コロナウィルスと戦っております。

未知のウィルスであり、”あの時こうしておけば”

と振り返って非難することは簡単ですが、現状では刻々と変わる状況を踏まえて都度対応していく他に手段はありません。

世の中にいろいろな情報が溢れていますが、

私の信頼する元同僚の医師がまとめてくれている重要なポイントを転記させていただきます。

※一部秩父地域のルールに合わせて変更しております。

 

日本全国(全世界)に新型コロナウィルスが広がった今日の状況において、重要なポイントとして意識していただきたい3つのことについて書きました。

1. ウィルスに関しての正しい知識を更新していくこと 

前述のように未知のウィルスであり、昨日までの正しい情報が今日になって間違いになるという可能性も十分にあります。

ですので、”〜らしい” という情報よりも下に記載する厚生労働省のホームページなど、その時点での最新かつ正確な情報を得るように心がけましょう。

<予防>

・正しい方法での手洗いが非常に大事。

・マスクは非常に重要。しかしマスクに頼り過ぎて間違った使い方では逆にリスク増大の可能性あり。

 ※マスクのみでの予防効果は限定的とされています。正しい使い方を守りましょう。

<小児の感染> 

0〜14歳の入院患者は全体の0.9%とやはり非常に少ない。

症状が軽いため検査されてない可能性はありますが、入院に至るケースは少ないと考えて良さそうです。

N Engl J Med 2020/NEJMoa2002032

<PCR検査>

多くの人が感染しても軽症で終える中で、検査の感度は70%以下(10人のうち3人は見逃す)とも言われており、間違って陰性とでてしまった人が、感染を広げてしまうリスクや検査を求めて来院した結果、病院で感染するなどのリスクや、検査希望者のために、医療現場がパンクしてしまうリスクもあり、数をたくさん行うことが良いわけではありません。

今日では医師が必要と認めたとき(=より疑わしい時:肺炎の原因が不明な時や集団感染を疑うときなど)には検査可能な体制となってきておりますが、保健所に相談のうえ、指定の医療機関での検査となります。

<初期症状>

新型コロナウィルス感染 ”らしい”(=特徴的な)症状

→ 残念ながらありません。

しかし、逆に

新型コロナウィルス感染 ”らしくない” 症状

・発症初期の39℃を超える発熱

 ・嘔吐/下痢、リンパ節の腫れ、血痰、

  喉の赤み、扁桃の腫れ、発疹、

  眼の充血、鼻づまり

などが報告されており、今後の診療のヒントになるかもしれません。

N Engl J Med 2020/NEJMoa2002032

 

2. 感染拡大のスピードを抑えること

急激に感染が拡大すると、もちろん重症者の数もそれに比例して急激に増えます。

そうなると人工呼吸器が足りなくなるなど、必要な医療資源が必要な人に届かなくなることで、死亡者を増やしてしまうことに繋がります。

※イタリアでは急速な感染拡大により、60歳以上の患者への人工呼吸器使用を中止したなど報道があり、我々医療者にとっては非常に衝撃的なニュースでした。

限りある医療のキャパシティを超える重症者を同じ時期に発生させないこと。

最終的に合計の感染者数が同じであったたとしても、その増加数を緩やかにすることの意味がここにあります。

この視点では現在の日本の対策は、現状ではなんとかうまくいっていると言ってよいのでは無いかと思います。

※一斉休校などの対応の効果の検証は今後のために追って実施する必要があると思います。

3. 重症化のハイリスク者や高齢者を感染から守ること

高血圧・糖尿病・呼吸器疾患のある人や高齢者は重症化のリスクが高く、

ワクチンや治療薬が無い現在では重症化を止める手段はなく、人工呼吸器の使用などにより自然治癒を待つしかないのが現状です。

よって、如何にハイリスク者や高齢者から新型コロナウィルスを遠ざけることができるかが重要になります。

ハイリスク者や高齢者への感染を可能な限り抑えたうえでコロナウィルスの感染が広がっていくと、重症者を爆発的に増やすことなく社会としての抵抗力を持つことが可能になります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

社会としての抵抗力とは

・新型コロナウィルスの特徴を解明すること

・ひとりひとりが新型コロナウィルス感染症と

 その予防に対する正しい知識を持つ(パニックにならない)こと。

・人口の多くが感染し、抗体をもつこと。(それにより、再感染しないかどうかは現時点では不明です)

・ワクチンや治療薬の開発(までの時間を稼ぐこと)

・国としての個人・企業への経済的補償の充足

などが挙げられます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回の新型コロナウィルス感染症の流行により

普段私たちが漠然と考えていた

” 自分の身の回りの世界・社会が急に変わることはないだろう ”

という想いは残念ながら儚く崩れ去り、1つの未知のウィルス出現だけで、こうも簡単に世界・生活が変わってしまうものなのかということを痛感させられました。

今の所先の見えない戦いに誰もが不安を感じてることと思います。

ただ、この感染症に対してはいまだかつてなく世界中の人たちが収束させるために力を尽くしています。

解決に向けてみんながみんなの為に力を合わせていければと思います。

是非お気をつけてお過ごしください。

 

埼玉県新型コロナウイルス感染症県民サポートセンターについて

埼玉県では、3月1日(日)9時00分より、「埼玉県新型コロナウイルス感染症県民サポートセンター」を開設します。

曜日や時間帯によって異なる相談先を一本化し、一般的な相談のほか、感染が疑われる場合には、帰国者・接触者相談センターを御紹介いたします。

3月1日(日)9時00分~3月5日(木)9時00分

 (1)昼間(9時00分~21時00分)

 埼玉県新型コロナウイルス感染症県民サポートセンター

 0570-783-770

(2)夜間(21時00分~9時00分)

 埼玉県救急電話相談

 #7119

3月5日(木)9時00分以降

 埼玉県新型コロナウイルス感染症県民サポートセンター

 0570-783-770(24時間受付)

新型コロナウイルスについて

新型コロナウィルスの世界的な感染拡大が認められております。

症状発症前からの感染性を有する可能性あり、今後も感染拡大が懸念されます。

人ごとと思わず注意して下さい!

 日本国内でも更に感染拡大が懸念されるため当院では以下の対応をさせて

いただきます。

・スタッフ(受付・看護師・医師)マスク着用にて診察・対応する。

・発熱・呼吸器症状で来院された患者さんへのマスク着用徹底していただく。

・発熱・呼吸器症状で来院された患者さんは極力自家用車内で順番を待っていただく。(必ず受付をして、電話番号を伝えてください。)

・新型コロナウィルス感染が疑われる場合には、保健所に相談し、必要に応じて指定医療機関に紹介する。

毎日のようにメディアでの報道もあり、不安になることは当然で、当院への相談や受診をされる方も日に日に増えてきております。

先ず、現時点では有効な治療法もなく、しっかりとした知識を基に普段からの手指衛生などの予防の他に手立てはないため、風邪症状がある場合には手指衛生に加えて、咳エチケットの徹底や外出控えるなど心がけましょう。

また、現在新型コロナウィルスの検査(PCR検査)の民間委託が始まり検査可能数が増えましたが、新型コロナウィルス感染者には症状が軽度な人や無症状の人も多くいます。

現時点で、症状(発熱や咳など)が軽度である人や無症状の人が、ウィルス検査をする必要はありません。

それは、たとえ早く感染が見つかったとしても有効な治療方法に変更はないためです。また、検査できる数に非常に限りがあります。

 

<現時点で感染に関してわかっていること>

・ヒトからヒトへの感染が起きている

・潜伏期間 最長14

・感染している人の咳やくしゃみから生じる「しぶき」を吸ったり、ウイルスが含まれる

 痰や唾液などを触った手で口や目、鼻を触ることで感染が起きている。

 (飛沫感染・接触感染)

・既存のコロナウィルスの特徴として、アルコール消毒や石鹸に弱い傾向がある。

・重症化は高齢者に多い

<現時点で有効とされている対策>

・外出時のマスク着用(咳エチケット)と手洗いなど基本的なこと

・アルコールでの手指消毒や石鹸での手指洗浄

人が集まるところに行く場合などは特に徹底していただければと思います。

新型コロナウィルス専用ダイアル

・埼玉県

平日:各保健所

土日:保健医療政策課 感染症・新型インフルエンザ対策担当

TEL:048-830-3557

臨時休診のお知らせ

下記日程は臨時休診となります。
ご迷惑おかけしますがよろしくお願いします。

《臨時休診日》
1月30日 木曜日:終日休診(電気工事の為)
2月15日 土曜日:午後休診(出張の為) ※午前中は通常通りの診療です。
3月28日 土曜日:午後休診(出張の為) ※午前中は通常通りの診療です。

年末年始の診療時間について

年末年始の診療時間をお知らせします。

年末は12/30午前の診療まで行います。12/30午後は休診です。

年始は1/6から診療を行います。

インフルエンザの流行が秩父でも始まっている様です。

日々寒いので気をつけてお過ごし下さい。

インフルエンザワクチン接種について

インフルエンザの流行が全国的にはじまっている様です。

幸い秩父ではまだ流行している印象はありませんが、寒さも本格化しているのでそろそろ入ってくるかと思います。

11/25以降インフルエンザワクチンの準備ができそうなので、診療時間内に随時インフルエンザワクチンの接種を行います。接種希望の方は受付でお声がけください。予約がなくても接種できます。

朝晩の気温差が大きいので、風邪などに注意してお過ごしください。

11-12月インフルエンザ予防接種追加情報

2019年11月の接種日後半は11月16日土曜日、11月19日火曜日、11月26日火曜日、11月30日土曜日の予定です。

12月は12月6日金曜日、12月7日土曜日、12月13日金曜日に予定します。

いずれも13:30-14:30で接種する予定です。

ワクチンの供給の様子で12月後半はもう少し日数を増やす予定です。

予約制となりますのでお電話でお問い合わせください。

予約時間内にお時間が合わない様であれば、指定日以外でも偶数名で来ていただければ接種します。ご希望があればお問い合わせください。ただ、その場合は通常診療の中での接種になるので、順番をお待ちいただく形になりますのでご了承ください。

価格は公費の対象にならない方は4270円です。2回接種が推奨される小児の2回目の接種は2100円です。

インフルエンザの流行時期を考えると12月中旬までの接種をお勧めします。

 

11月インフルエンザ予防接種について

インフルエンザ予防接種の時期がやってきました。

2019年のインフルエンザワクチンの接種は10月25日より開始します。

2019年11月の接種日は11月1日、11月9日、11月16日、11月19日の予定です。

ワクチンの供給の様子で後半はもう少し日数を増やす予定です。

予約制となりますのでお電話でお問い合わせください。

価格は公費の対象にならない方は4270円です。2回接種が推奨される小児の2回目の接種は2100円です。

今後ワクチンに余裕があれば指定日以外でも偶数名で来ていただければ接種します。ご希望があればお問い合わせください。

ただ、その場合は通常診療の中での接種になるので、順番をお待ちいただく形になります。

よろしくお願いいたします。

 

10月診療時間変更のお知らせ

 

2019年10月の診療時間のお知らせです。

10月22日は即位礼正殿の儀を行う日で祝日となります。当院も休診です。

10月26日土曜日は近藤秀一が不在です。午前は院長が婦人科・内科診察を行います。午後は臨時休診となります。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。

インフルエンザワクチンのお知らせ

インフルエンザ予防接種の時期がやってきました。

2019年のインフルエンザワクチンの接種は10月25日より開始します。

2019年10月の接種日は10月25日と10月29日の13時半~となります。

予約制となりますのでお電話でお問い合わせください。

 

 

1 ~ 10件 / 全53件

診療科目

家庭医療ってなぁに?

近藤医院について

近藤医院について

所在地:埼玉県秩父市日野田町1丁目9-30
TEL:0494-22-0043
時間:午前 9:00~12:00,午後15:30~18:00
詳細はこちらから

ページTOPへ