秩父市の近藤医院|内科・婦人科・小児科・眼科・神経内科・家庭医療

ご予約・各種お問合せはお気軽に0494-22-0043

当院からのお知らせ

当院からのお知らせ

これから新型コロナワクチンを受ける方へ

65歳以上の方の新型コロナワクチン接種がいよいよ秩父地域でも開始されました。先週から集団接種が始まり、今週から各医療機関での個別接種も始まります。ワクチン接種が進んでいる国の様子を見ると、ワクチン接種によってかなり状況が好転しています。日本は様々な理由で開始が遅れていますが、悲観せずにこれから前向きにワクチン接種を進めていきましょう!

《これから新型コロナワクチンを受ける方へ》

【当日の持ち物】

接種券:市町から届いたバーコードのシールがついている券です。

保険証:本人確認のため。また副反応などがあると保険医療で医療処置をする場合があります。

予診票:市町から届いていると思います。わかるところは全て記入してお持ちください。

肩の出しやすい服装:Tシャツなど肩全体がすぐに出るものを着て、上着は脱ぎやすいものにしてください。(インフルエンザなどより上の方に接種します。)

【ワクチン接種の流れ】

現在使用されているファイザーのワクチンは、3週間空けて2回接種します。1回目で強いアレルギー症状が出た方は2回目を打つことはできませんが、発熱や頭痛などの副反応が出ても2回目を打つことができます。ワクチンを1回接種して2週間ほどで効果が出始め、2回目の接種後1週間で十分な効果が出ると言われています。ただ、接種後も社会全体の感染が落ち着くまでは今まで通りの感染対策を継続する(マスク・手の消毒洗浄・3密回避)ことが重要です。

【当日の流れ】

①15分前を目安に来院してください。

②受付で接種券・予診票・保険証の確認します。(予診票はなるべく全て書いて持参してください。)

③待合室で順番まで待機していただきます。(診察時間内に接種するので時間は多少前後する可能性があります。)

④診察室で医師が問診、問題がなければ※ワクチン接種を行います。新型コロナワクチンは筋肉注射です。接種時の痛みは、インフルエンザワクチンなどより少ないと言われています。接種部位は揉まないでください。

⑤待合室で直後のアレルギーが出ないか15分~30分待機していただきます。

⑥当日はゆっくり過ごしてください。お風呂は入って構いませんが、接種部位を強くこすらない、長湯しないようにしてください。激しい運動やアルコール摂取は控えてください。

⑦接種後5時間程度で接種部位の痛みや頭痛などが出ます。辛いときは解熱剤(カロナールなど)を内服しても結構です。ゆっくり休むようにしてください。

⑧接種翌日に副反応は最も強くなります。翌日は大事な予定は入れず、ゆっくり過ごせるようにしてください。

※当日、明らかな発熱(37.5℃以上)のある方、2週間以内に他のワクチンを接種している方、症状の強い急性の病気(風邪症状や胃腸炎など)にかかっている方、は接種できません。

【ワクチンの効果は?】

ワクチンの発症予防効果は95%と非常に高く、感染予防や重症化予防の効果も高いと言われています。また65歳以上の方への有効性も高いとされています。

【ワクチンはみんな打てるか?】

新型コロナワクチンは持病があってもほとんどの方が受けることができます。現時点で打てないのは、16歳未満の方と、明らかにワクチンに使用されている成分に対して重いアレルギーを起こしたことがある方です。重いアレルギー(アナフィラキシー)を起こしたことがある方は、必ず問診時に医師に伝えてください。※リウマチなどの免疫系の病気で薬を飲んでいる方は、接種後一時薬を中断した方が良い可能性があります。接種前に必ず主治医に確認をしてください。

【ワクチンの副反応は?】

新型コロナワクチンの接種後は、ほとんどの方に副反応が出ます。接種部位の痛みはほぼ必発です!それ以外に発熱や頭痛、倦怠感などは比較的多くみられます。寒気、筋肉痛、関節痛などインフルエンザの様な症状がみられることもあります。接種後数時間から始まり、翌日に一番強く出ることが多いようです。接種後2日目には症状が軽減し、3日後くらいにはほぼ消失することが多いようです。(65歳以上の方で発熱するのは10%程度といわれています。)1回目の接種後より2回目の接種の方が副反応は強く出ます。

ちなみに私はほぼ全ての副反応が出て、2回目接種翌日はかなり大変でした。ですが終わってみると、接種後に2日間程度強めの風邪症状が出たという感じでした。風邪は辛いですが2日で終わるとわかっていれば乗り切れると思います。免疫をつける上では、体の中に炎症が起こることは避けられません。副反応は乗り越えざるをえない壁です。効果を考えると副反応を考慮しても接種する意義が大きいと思っています。3日後以降も症状が持続してしまう場合はご相談ください。

【アナフィラキシーとは?】

強いアレルギー症状の事です。20万回に1回くらいの頻度と言われています。接種後30分以内に全身のかゆみや湿疹などの症状とともに、呼吸器症状(息苦しい)・循環器症状(血圧が下がる、気を失う)・消化器症状(腹痛、下痢)が出ます。接種会場ではアナフィラキシーに備えて治療薬を準備しています。ただ強いアレルギー症状の後は長いと2日間程度慎重な経過観察が必要な為、病院へ救急搬送します。場合によっては観察の為に入院となる可能性があります。※過去に他の予防接種や薬、食べ物などでアナフィラキシーを起こしたことがある方は病院での接種が勧められています。

いよいよ秩父地域でも本格的なワクチン接種が始まります。これまで秩父地域は大きな市中感染なく、地域全体で頑張ってきました。このままワクチン接種を進めて、今後の被害を最小限にしていきましょう!ワクチンは多くの人が打つことで大きな効果を得ることができます。初めてのワクチンに不安もあると思いますが、なるべく多くの方に接種していただければと思います。現時点では予約が取りにくい状況が続いていますが、少しずつ予約も取りやすくなると思います。みんなで感染対策をしながら、焦らず安全に接種を進めていければと思います。ご協力よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

2021年秩父地域と新型コロナ(11)

今週は秩父地域で連日新型コロナウイルス感染者が報告されています。

ゴールデンウィークを越えて秩父地域でも同時多発的に新規感染が出ている様です。

現在全国的に流行の主体はイギリス型変異株になっています。この変異株は感染性が高いとされており、第3波までの流行株と比較して『こどもにも感染しやすい』『若年者でも重症化することがある』『軽症でも急激に状態が悪化してしまうことがある』『3密状態にならなくても集団感染が起こりうる』などの特徴が指摘されています。実際に大阪などでは緊急事態宣言が出されてからも、なかなか感染者数は減少せず、医療崩壊が起こっています。

以前にも書きましたが秩父地域は元々医療資源が少なく、入院できるベッドは多くありません。コロナ病床を作って頂いている病院の方達は、本当に頑張って下さっていますが、その病床数には限りがあります。また、現在すでに埼玉県の他の地域でも感染者が増加し、医療はひっ迫しており、地域外で医療を受けることも難しくなってきています。

秩父地域での大きな流行は絶対に避けなければなりません。これから2週間程度は秩父地域内でも十分に注意して行動して下さい。

①流行期の感染対策で1番大切な事は、『人との接触を避ける事』です。普段一緒に生活している人以外との接触は最小限にする様にして下さい。

②職場や学校などでの感染対策をもう一度徹底して下さい。感染対策の目標は『ゼロ密』です。『密接にならない』『密集しない』『密閉しない』の徹底をして下さい。

③体の不調を感じたら無理をせず仕事や学校は休んでください。また、早めに医療機関に相談して検査を受けて下さい。

 

これまで秩父地域では、皆さんの感染対策のおかげで大きな市中感染は起きていません。しかし変異株はこれまで以上の注意が必要な様です。今後秩父地域内で大きな流行を起こさない為に、『これから2週間』感染対策の徹底をよろしくお願いします!

 

2021年秩父地域と新型コロナ(10)

5月に入り暖かい日が続いています。街中の家々にも色々な花が飾られとてもきれいな季節になりました。

新型コロナの状況は非常に深刻なニュースが日々報道されています。変異株の流行に伴い今まで以上に急速な感染拡大がみられており、大阪を中心に既に多くの助かる可能性のある命が助からない状況が出て来ています。

今回はGW前から東京・大阪・京都・兵庫に緊急事態宣言が出され、連休中の人の流れを止める事が目標とされました。しかし、結果的には人の流れを大きく止めることはできませんでした。年末年始には多くの人が移動したことで年明けに大きな第3波が来てしまいましたが、今回もGWを越えて感染地域が全国に拡大することが予想されます。GWには秩父地域にも多くの人の出入りがありました。その影響は今週から来週にかけて明らかになってくる可能性があります。この2週間は普段以上に秩父地域内でも感染するリスクがあると考えて、感染対策の徹底をお願いします。

特に連休に地域外に出かけたり、地域外の人と接触した方は体調の変化に注意していただき、風邪症状などの不調を感じた場合には無理をせず、早めに医療機関に相談していただく様お願いします。感染者を早期に発見して集団感染を予防する事がとても重要な時期です。

 

《新型コロナウイルスワクチンの接種について》

秩父地域でもなかなか予約が取れないという問題が起こっています。新型コロナウイルスワクチンは今までのワクチンに比べて超低温の管理が必要であったり、ワクチン数に余裕がないことなどから主には予約センターからの予約が必要となっています。窓口を一本化することで確実に予約分のワクチンを供給していくためです。また、各医療機関にワクチン予約の為の来院や電話が殺到すると通常診療に大きく支障が出る為、そのような流れになっています。ワクチンは今後十分量供給される様なので、是非焦らずに冷静な対応して頂きたいと思います。

・医療機関でも個別接種の準備が進んでいます。コロナワクチン接種の為には、接種場所や時間の確保、ワクチン管理の準備、救急対応の準備や新しい事務処理の準備などが必要になっています。どこで接種しても安全に対応できる様、各医療機関が工夫を考えながら準備を進めている状況です。

・行政の方では集団接種の準備や予約の円滑化に向けての準備が進められています。既に顕在化している問題点も含め、日々改善策を検討し、予防接種を加速する為に努力されています。

・秩父地域は元々医療従事者の数に限りがあります。地域の医療者達は通常診療以外にも特定健診や学校医・産業医業務、休日診療業務や介護保険認定委員会など多くの業務を兼務しています。ワクチンは最優先すべき重要な仕事ですが全てをそこに注いでしまうわけにはいきません。接種体制には限界がある為、ある程度期間を要することもご理解ください。

⦅地域の皆さんにお願いしたい事⦆

・新型コロナワクチンはなるべく多くの方に受けて頂きたいと思っています。同時に皆さんには打てませんが、受けられない事情のある方以外は是非接種をご検討ください。

・予約が開始されたばかりで予約センターには問い合わせが殺到しています。現時点では秩父地域の65歳以上の接種は5月から8–9月末に完了する方向で計画されています(なるべく完了を早める方向で検討されています)。65歳以上の方の中でも基礎疾患のある方や80歳以上の方、、デイサービスやショートステイを利用されている方、超高齢者の介護をされている方などはなるべく早期の接種が望まれます。それぞれの生活状況や体調によって、ご自身がいち早く接種すべきなのか、8月位までは接種を待つことができるのか考えて予約をしていただきたいと思います。

・保健センターや市町役場は対応に追われている状況です。日々大変な努力をされています。現状での予約システムや接種体制に改善の余地があることは確かですが、どうか長時間の抗議などは控えて頂き冷静に対応して下さい。

・現在第4波の真っ最中です。秩父地域はまだそれほど感染者は多くなっていませんが、連休明けから連日新規感染がでている状況です。既に東京都や県南地域は医療の状況も厳しくなってきており、秩父地域で大きな流行が起きても他の地域の助けを借りることは難しくなっています。秩父地域で感染拡大を起こさない様、個人個人の感染対策の徹底をお願いします。

海外の状況を見ると、ワクチン接種が進めばかなり行動制限は緩和する事ができそうです。世界中の新規感染が減少すれば、変異株の出現もそれほど多くは見られなくなるはずです。(感染者が多ければ多いほど変異の確率は高くなります。)無事多くの人のワクチン接種が完了するまで、被害をなるべく早く小さくする様、みんなで頑張っていきましょう!

婦人科臨時休診のお知らせ(5月15日)

2021年5月15日(土)

婦人科診療(院長診療)を臨時休診とさせていただきます。

内科診療は行います。(婦人科で通院中の方でお薬が切れてしまう方は受付にてお声がけください。)

1 ~ 4件 / 全4件

診療科目

家庭医療ってなぁに?

近藤医院について

近藤医院について

所在地:埼玉県秩父市日野田町1丁目9-30
TEL:0494-22-0043
時間:午前 9:00~12:00,午後15:30~18:00
詳細はこちらから

ページTOPへ