秩父市の近藤医院|内科・婦人科・小児科・眼科・神経内科・家庭医療

ご予約・各種お問合せはお気軽に0494-22-0043

当院からのお知らせ

当院からのお知らせ

2021年秩父地域と新型コロナ(3)

真冬の寒さの中に春の訪れを感じる様になってきました。

2週間ほど前からスギ花粉症の患者さんが増えてきました。秩父では全国に先駆けて花粉が飛び始めている様です。

今年は埼玉県では例年並み~やや少なめの飛散予想になっています。ただ昨年が例年よりかなり飛散の少ない年だったので、今年はつらく感じるかもしれません。

花粉症は症状のはじまる少し前から治療を始めるのが望ましいと言われています。例年花粉症に悩んでいる方はそろそろ医療機関で相談されるといいと思います。

 

さて、新型コロナウイルスの第三波が続いています。

年末年始に急増した感染者数は、全国的にややピークを越えてきているものの非常に多い状態が持続しています。

第二波の時は7月末にピークを越えて、緩やかに減少傾向にありましたが、8月下旬以降はなかなか減少せず高止まりしてしまいました。そのまま第三波に突入してしまったので結果的に大変な事になってしまいました。

今回は非常に大きな波なので、減少傾向になって安心してしまうとさらに感染者が多い状態で高止まりしてしまう可能性があります。報道でも度々言われていますが、新型コロナの診療をしている医療機関は本当にひっ迫している様です。特に地方の集中治療を行える病院が少ない地域では、医療者は完全に限界を超えて、休みもとらず・睡眠を削って仕事している様です。関東のある病院で働く、普段絶対に弱音を吐くことはない先輩が「誰か何とか助けてほしい。」と発信しているのを見て、改めて今の危機的な状況を実感しました。

 

秩父地域でも連日新規感染者が発表されており、今年に入り感染者数は急増しています。年末年始からの大きな波は秩父地域も飲み込み大きな被害をもたらしています。

そんな中、現在診療をしていて感じていることがいくつかあります。

(1)今年に入り、秩父地域の皆さんは個人個人の感染予防に対する意識をさらに高めて行動して下さっています。正しい感染予防が定着してきてい流と感じています。

(2)風邪症状に対して、新型コロナを心配されて早目に受診され、検査を希望される方が増えています。自分が感染を広げない意識が高まっていると感じます。

(3)地域内の流行に対して過度な動揺はなく、感染者に対しても責めるような発言を聞くことはありません。冷静に見守っている印象です。

(4)1月下旬になってからは経路不明の感染者は多くなく、市中感染での感染拡大は防げていると感じています。

(5)新型コロナがより身近なものになり、高い緊張とストレスがかかる状態が続いています。感染対策に疲れてきている印象を受けています。

 

秩父地域は現時点で危機的な状況にあります。感染者の急増で、病院や保健所は大変ひっ迫した状況になっています。上記の通り、地域の皆さんは地域を守るために本当に頑張っており、個人的には地域での感染は収束に向かっていると感じています。このまま秩父地域で新規感染者が出なくなる様、みんなで頑張っていきましょう。

今大事なことは、全国的に新規感染者が減っていることで気を緩めないことです。もう一息みんなで頑張れば、地域内での生活に安心感を取り戻すことができると思います。地域全体が不安と疲労を感じながら今日も頑張っています。引き続きの感染対策何卒よろしくお願いします。

ワクチンの話は現実的に進んできています。秩父地域は一市四町と医師会が力を合わせ、具体的な接種について話し合いが始まっています。海外ではかなり高い有効性と安全性の報告も出てきており、この状況を脱する為の大きなきっかけになることが期待されています。変異株の話などもありますが、ネガティブな事を考えていても仕方ありません。我々も1日でも早くワクチンを皆さんに届ける為に頑張ります!

来年のお正月は家族みんなで楽しく過ごせる事を信じて、今は自分を守り、家族を守る為に、感染対策よろしくお願いします。

 

 

1 ~ 1件 / 全1件

診療科目

家庭医療ってなぁに?

近藤医院について

近藤医院について

所在地:埼玉県秩父市日野田町1丁目9-30
TEL:0494-22-0043
時間:午前 9:00~12:00,午後15:30~18:00
詳細はこちらから

ページTOPへ