秩父市の近藤医院|内科・婦人科・小児科・眼科・神経内科・家庭医療

ご予約・各種お問合せはお気軽に0494-22-0043

当院からのお知らせ

当院からのお知らせ

秩父地域の皆さんへ!

秩父地域で新型コロナの新規感染者が急増しています。これまでは感染者が出ても比較的狭い範囲での感染にとどめることができていました。

しかし全国的に感染者が急増する中でお正月休みを越えて、秩父地域でも同時多発的に新規感染者が出ています。全国や東京都の何千という数字に慣れて、秩父はまだまだ少ない気がしてしまうかもしれません。しかし秩父地域の元々の医療体制、高齢化率、埼玉県の大病院のひっ迫状況を考えると既に非常に危機的な状況にあります。

2021年になり秩父地域でも状況が一変しました。本気でこれ以上の感染拡大は抑え込まないといけません!!

まずは1月いっぱい(2週間)を目途に地域を安全な状況に戻すために是非ご協力ください。本気でやれば2週間で秩父地域から一旦コロナを追い出すことができるはずです。

 

◎徹底的に人との交流を控えてください。⇒同居している家族以外とは絶対にマスクを外して会話しない。感染予防の対策(アクリル板での遮蔽+換気など)をせずに飲食をともにしない。(職場の同僚や親しい友人なども同様に注意が必要です。『親しき中にも感染対策』を徹底してください。)

◎秩父地域内であっても不要不急の外出は控えてください。(生活用品・食料の買い物、通院、通学など以外) 趣味の集まりや運動の集まりなどは1月いっぱいは控えてください。

◎秩父地域外への往来は場所によらず控えてください。本当に必要な場合(通勤せざるを得ない仕事、通学、通院など)を除いて、地域外に出たり、地域外の人を招いたりしないでください。

◎病院や施設への面会は極力控えてください。(急を要する面会をのぞき)

◎自宅以外では必ずマスクをする。人が複数名いる屋内は必ず持続的に換気する。人が触れた可能性のある物に触ったら必ず手洗い・消毒をする。

 

これまで秩父地域は皆さんの努力により地域の安全を守ってきました。都心部との往来が多い地域でありながら、感染を制御できてきたのは本当に素晴らしいことです。

地域で感染を収束させるためには地域全体の協力が不可欠です。全員が力を合わせて協力し合えるのは地方の強みだと思います。

みんなで頑張れば2週間で秩父地域からの新規感染者を出さなくすることが必ずできます。

もちろん新型コロナは秩父地域だけの問題ではありませんが、まずは秩父地域を安全地帯に戻しましょう!各地域が自分達の地元を守ることで全国的な感染も抑制されていきます。

 

繰り返しになりますが、まずは1月いっぱいを目途に個人個人の感染対策を徹底的に強化してください。

秩父地域から犠牲者を出さないために。大人もこどもも安心した生活を取り戻すために。ご協力の程よろしくお願いします!!

 

 

2021年秩父地域と新型コロナ(2)

寒い日が続いています。

1月7日に2度目の緊急事態宣言が出されました。東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県の一都三県が対象となっています。

秋に第三波と言われ始めた頃から感染拡大の勢いが強く、冬の寒冷・乾燥の気候も重なってまずいまずいと思っていましたが、その不安を大きく上回るような感染状況になっています。ここ数日は緊急事態宣言の発令も相まって、いよいよやばいと思われている方も多いと思います。全国では連日7000人を越える感染者が明らかになっており、すでに日本中で医療は崩壊してきています。高齢者や重症化リスクが高いとされる方でも入院できないケースが急増し、自宅などで亡くなってしまう方もいます。すでに救える命が救えない状況になっています。

現在の状況としてはすでに手遅れの状況になっていると思います。新型コロナ感染症は1.6%で重症化し、1%が死亡すると言われています。今のように毎日7000人の感染者が出ていると、その中の100人が1ー2週間後に重症化します。そして70人はいずれ死亡することになります。これが毎日続くということです。これからさらに感染者が増えれば、医療も十分に受けられなくなり、死亡率も上がるかもしれません。すでにこれからたくさんの犠牲者が出る状況になっており、その状況は今も悪化しているということをもう一度しっかり認識して下さい。

年末から最前線の医療機関からは医療のひっ迫が訴えられていました。しかし、思いがけずこの年末年始は多くの人が飲み会をし、帰省をして各地に感染を広げてしまいました。すでに始まっていた急拡大に拍車をかけて、爆発的な感染拡大につながってしまいました。今後我々は手遅れだから諦めてしまう訳にはいきません。今後犠牲者を増やさないために出来ることは一人一人が感染しないために最大限の注意を払うことです。緊急事態宣言の内容に盛り込まれているかどうかという問題ではなく、どんな行動が問題なのか一人一人が考えて『自分が感染しない』為の最大限の努力をして下さい。

飲食店が「悪者扱い」されていることに対して議論されています。もちろん飲食店は悪者ではありません。しかし、飲食の場で最も感染しやすいことは間違いありません。以前から書いていますが、普段から自宅で飲食を共にしている人と外食することにあまりリスクはありません。一方で同居者以外との会食はとてもリスクがあります。また、飲酒を伴った場合、大声になる、長時間になるなどリスクはさらに増大します。飲食店が悪いわけではなく、利用する側の行動が重要な訳ですが、それが守られないために飲食店を一律時短営業要請ということになってしまいました。また、年末年始はむしろ親戚の集まりやホームパーティーの様な場での感染も多かったようです。是非みなさん会食を控えて下さい。今の状況が落ち着くまで、普段共に行動していない人との飲食は控えて下さい。一方で飲食業は大変な打撃を受けています。地元の飲食業を守るために是非テイクアウトなどでの協力をみんなでしていきましょう。

マスクをしない状況での会食で感染しやすいという意味では、新型コロナもインフルエンザも大きく変わらないと思います。しかし新型コロナはインフルエンザに比べて、感染者と非感染者の区別がつきません。インフルエンザで体調の悪い方は恐らく人と食事をすることは控えると思います。なので家族内や学校で集団感染することがあっても、新型コロナほど訳分からず広がることはありません。しかし新型コロナの無症状・軽症状者は自分でも気がつかないうちに人にうつしてしまいます。現状では体調の良し悪しに関わらず、会食自体を控える以外に感染を止める方法がないのです。第三波を乗り切るまで是非会食は我慢して下さい。

くどくなりますが、今の事態を収束させるためには国がどんなルールを決めるかは大きな問題ではありません。あくまで個人個人が行動を注意しなくてはいけません。極力人との接触を抑える為に不要不急の外出自粛、会食の自粛、イベント参加の自粛などよろしくお願いします。

2021年に入ってさらに大きく状況が変わりました。日本は欧米ほどではないという感覚が崩れつつあります。この緊急事態が延々と続いてしまうのは本当に大変です。たくさんの人が犠牲を払ってこの苦境を乗り越えるために頑張っています。『全員で』今は辛抱しましょう。

『自分の』『家族の』『友達の』『地域の』『日本の』『世界の』為にみんなで頑張りましょう!!

ご協力宜しくお願いします。

2021年秩父地域と新型コロナ(1)

年始も寒い日が続いています。

お正月休みが終わり、今日から仕事始めの方も多いかと思います。休み明けで気が重い方もいらっしゃると思いますが、体調に気をつけながら頑張っていきましょう!

さて、ご存知の通り全国的に新型コロナは最悪な状況になっています。年末年始は休日診療体制になることもあり、検査数の減少に伴って新規感染者数は減少すると思われていました。しかし予想に反して新規感染者数は増加傾向が続いてしまいました。また検査の陽性率も上がっており、年末年始に明らかになっていない陽性者が潜在的にたくさんいる可能性も懸念されます。今週はさらに大きな感染者数になってくるかもしれません。

すでに東京都や埼玉県では、新型コロナに感染して入院を待っている間に亡くなられる方も出てきています。救える可能性のある命が救えない状況が現実的になっています。

春先のような、国民全体で『本気の対応』をすることが今まさに必要になっています。本気で感染を抑制するためには人と人の接触を減らさないといけません。取り返しのつかない状況にならないように、もう一度日常生活の中の人と接触する機会を見直して、極力減らす意識を持っていきましょう。

 

秩父地域ではこの年末年始は本当に多くの方が外出を我慢され、静かなお正月を過ごしてくださいました。ご協力ありがとうございました。

また『秩父地域の外に帰省したり旅行された方』『流行地からの帰省や来客を受け入れた方』もいらっしゃると思います。しっかり感染対策をして下さっていたと思いますが、その方達は1月12日までの1週間の行動が非常に重要です。秩父地域以外の人との接触はどうしても感染リスクを伴います。万が一自分が無症状の感染者だった場合を考えて、この1週間『全体に人にうつさない』行動をとってください。飲食を伴う交流を避け、濃厚接触者を作らないように注意を徹底してください。完全な予防は困難ですが、二次感染を防ぐことで地域での流行は避けることができます。ご自身の体調観察と感染対策をより徹底していただくことをお願いします。

今後も秩父地域に感染が拡大しないようみんなで気をつけていきましょう!

 

 

秩父地域における新型コロナ対策について(30)

当院の2020年の診療は本日午前で終了となりました。

今年は新型コロナの出現により、本当に大変な一年になりました。誰も予想しなかったやっかいなウイルスが出現して、我々が当たり前に続くと思っていた日常生活が大きく変化せざるを得なくなってしまいました。この一年で多くの犠牲者がでて、多くの楽しみが失われました。

この厳しい状況の中で、秩父地域の皆さんは本当に感染予防を徹底して下さり、2020年は大きな流行なく終えられそうです。本当にありがとうございました。

この年末年始もほとんどの方が地域外への外出を自粛され、帰省の受け入れも断念されたりしています。会えない家族が心配だったり、寂しい思いをしたりされていると思いますが、今年は多くの方が同じような思いを抱えて耐えています。孤立している様に感じるかもしれませんが、実はこれまでになく世界中の人が打倒コロナという一つの方向を見て頑張っています。

みんなで力を合わせることで、新型コロナを乗り越えられるよう引き続き頑張りましょう。

今回はみんなが自宅で過ごす特別なお正月です。多くの人が交流をストップするこの時期は感染拡大を抑止する大きなチャンスでもあります!

年始に第3波が収束傾向になり、少し安心できることを願い、年末年始は頑張ってのんびりしましょう。

来年も宜しくお願いします。

 

近藤医院も引き続き頑張っていきます!来年もよろしくお願いします。

 

 

年末年始のお休みについて

年末年始の休診日のお知らせです。

【年末】12月30日(水)午前中まで ※12月30日午前中は水曜日ですが内科・小児科の受診も可です。

【年始】1月4日(月)~

 

休診日:12月31日、1月1日、1月2日、1月3日

 

秩父地域における新型コロナ対策について(29)

強い寒波に覆われてとても寒い冬になっています。秩父地域も例年以上の寒さとなり、非常に空気が乾燥した状況が続いています。ウイルスにとってはすごく居心地の良い気候になってしまっています。

全国的に新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。埼玉県も一日の感染者数が200人を越える状況になってきています。

12月に入りほとんどの人が感染予防の意識を高めています。そのおかげでインフルエンザなどの他の感染症はものすごく少ない状態が続いているにも関わらず、驚くほど新型コロナウイルスは勢いが止まりません。第3波になって改めて、「新型コロナの感染力の強さ」「誰も免疫を持っていない感染症の怖さ」を痛感しています。

9月10月は感染の拡大は穏やかになり、日本人がある程度の感染予防をしていれば、新型コロナの拡大はさほど起こらないのではないかと思っていました。しかし、その思いももろくも崩れ、相当気をつけていても広がり始めると簡単に広がってしまうことがわかってきました。残念ながらこの年末年始は『なるべく自粛して人と接触する機会を極力減らす』時期です。

これから年末年始に向けて、これ以上の拡大を防ぐために本当に頑張らないといけません。早くこの波を乗り越えて普通に近い生活を取り戻すために、今はもう一度『自分が絶対にかからない』『自分が絶対にうつさない』行動を徹底していきましょう!秩父地域の皆さんに年末年始の過ごし方について注意点を書いてみます。

 

《秩父地域外への外出について》

全国的に感染拡大している中で秩父地域は奇跡的に大きな流行はありません。地域内に新型コロナを持ち込まないために、地域外への旅行や帰省はこの年末年始は極力控えて下さい。全国的な流行になっており、都心部以外でも感染リスクが高まっています。安全な地域を選んで外出することも難しくなってきています。不要不急の外出は今は我慢の時だと思います。

《帰省の受け入れについて》

診療していて一番相談される内容です。流行地からの帰省を受け入れるべきかどうか、非常に悩まれると思います。このコロナストレスの多い中で、離れて生活している家族とお正月くらい一緒にという気持ちはよく分かります。ただ今の流行状況を考えると、帰省も極力控えた方が良いと思います。最近の感染経路を見ると、同じ屋根の下で一緒に食事をすると高率に感染してしまい、家庭内での感染を避けることは非常に難しい様です。帰省を控える場合はお互いにとても寂しいお正月になってしまいます。是非こまめに電話などで連絡を取ってコロナに負けないよう励まし合ってください。

《秩父地域内での交流について》

秩父地域内での交流は現時点では比較的安全だと思います。ただ同居している人やいつも一緒にご飯を食べている人以外との会食や飲み会など、飲食を伴う交流は極力避けて下さい。お互いマスクをした状態で趣味の交流をしたり、会話を楽しむことは良いと思います。お互いに相手を守る意識を持って楽しい交流をすると良いと思います。

こども同士の感染は比較的少ないとされていますが、こども同士の交流はどうしても濃厚になってしまいます。最近では保育園での集団感染などもみられています。マスクのできる年齢の子はなるべくマスクをする、同じおもちゃで遊ぶ時、おやつの時は必ず手を消毒するなど、最低限の注意はするようにして下さい。過度に交流を控える事はこども達のストレスを増やしてしまいます。この年末年始はなるべく地域内で安全に楽しく交流するようにして下さい。

《初詣について》

こんな世の中なのでいつも以上に初詣に行きたい気持ちです。秩父地域内で初詣に行くことは大きな問題はないと思います。屋外でお参りをする際に感染するリスクは少ないと思われます。「必ずマスクをしていく」「知り合いに会っても長時間の立ち話などは控える」「大きな声で騒がない」「混む時間帯を極力避ける」など注意しながら初詣に行くようにして下さい。みんなで世界平和を祈りましょう!

《外食について》

上にも書きましたが、現時点では普段から一緒にご飯を食べている家族・恋人・ごく親しい友人や同僚など以外との会食は控えて下さい。特に大人数での忘年会やクリスマス会は控えた方が良いと思います。同窓会の様な色んな地域の人が集まる会食は絶対にダメです。一方で普段から一緒に生活している人と地域内で外食することに大きな感染リスクはありません。気分転換も兼ねて家族での外食などはしていただくのは良いと思います。地域の飲食店も大変な状況になっています。家族での外食、テイクアウトなどで地域の人が地域の飲食店をサポートすることが大切だと思います。

《買い物について》

寒くなって乾燥して、今までよりも手を洗うこと、消毒することがつらくなってきましたね。手荒れの相談も増えています。そのせいもあると思いますが、以前と比べてお店の入り口で必ず消毒をするという習慣がゆるんでいる印象を受けます。買い物に行ったら入り口と出口で必ず手の消毒をするのを徹底しましょう。私は診察中にものすごく頻回に手洗い・消毒をするので、最近は手荒れ防止のためにゴム手袋をしています。冬の間スーパーなど色々なものに手を触れる所に行くときはゴム手袋をして、その上から消毒して入店すると良いかもしれません。出口で手袋を捨てて帰宅して、家でお湯でしっかり手を洗って下さい。

《自宅での過ごし方》

自宅内は極力ウイルスが入り込まないようにすることが大切です。帰宅したらしっかり手洗いをして部屋着に着替えるようにして下さい。また今はとても空気が乾燥しているので、加湿がとても重要です。加湿器を使用したり洗濯物を部屋干しするなど、湿度を上げる工夫をしてください。換気については家族のみで自宅にいるときには例年通りにたまに空気の入れ換えをする程度で良いと思います。ただ、普段生活を共にしていない家族やお客さんがきた時には、少し窓を開けて空気がうっすら流れている様にして下さい。空気を滞らせないことがとても大切です。自宅内はなるべく安全な状態を維持して自分と家族がリラックスして楽しく過ごせるようにしましょう。

《コロナかな?と思ったら》

熱が出てしまったり、咳が出るなど風邪症状がある場合は慌てずに医療機関に相談して下さい。秩父地域の多くの医療機関で発熱患者の診療をしており、PCR検査や抗原検査を受けることが出来ます。感染者との接触の可能性があるか、流行地への外出があるか、家族内で複数名風邪症状がいるか、などで検査するかどうかを判断していきます。どこの医療機関もまずは電話で相談し、指示に従って受診して下さい。

新型コロナの検査は症状が出てから2日(48時間)経過すると、検査の信頼度が高くなります。症状が出てすぐだと検査してもわかりません。風邪症状が出ても、軽い場合は1ー2日自宅でゆっくり休養し、少し時間をおいて受診相談して下さい。もちろんつらい症状がある場合はなるべく早く相談するようにして下さい。

現時点でPCR検査にしても抗原検査にしても100%の診断・否定できる検査ではありません。風邪症状の時はコロナの可能性もあると思ってとにかく人にうつさないように注意して下さい。

《最後に》

2020年は新型コロナウイルスの出現で本当に大変な1年になってしまいました。来年も引き続き新型コロナとの戦いが続くと思うとうんざりしてしまいます。でもこの戦いを諦めてしまう訳にはいきません。国や県などの行政からも様々な感染対策が行われますが、結局は自分の身は自分で守らないといけません。みんなが徹底的に自分の身を守れば必ずウイルスは居場所を失って収束していきます。繰り返しになりますが、今は頑張りどころです。第三波による被害がこれ以上広がらないよう、皆さん一人一人が意識を高めて、感染予防して下さい。

『全員マスクする』『会食を控える』『手を常に清潔にする』『換気する』『3密回避』宜しくお願いします。

 

インフルエンザ予防接種について(最終)

とても寒い日が続いています。

その上空気がものすごく乾燥していかにもウイルスが元気になりそうな状況です。

急に体調を崩す方も多い印象を受けています。日々コロナのストレスが多い中で、季節もさらに厳しくなります。

忙しい時期ですが、無理せず、体調に気をつけてお過ごしください。

 

インフルエンザワクチンですが、予備分やキャンセル分でわずかですが在庫があります。もし、打ちそびれてしまっている方で希望される方は下記日程で予約をお取りしますのでお電話ください。

【対象】

・特に制限はありません。

・13歳未満であれば2回目も受け付けます。

【予約日】12/19以降9:00〜18:00

【接種日】12/21以降診療時間内

予約はワクチンがなくなった時点で終了です。

その時点で再度投稿します。

よろしくお願いいたします。

秩父地域における新型コロナ対策について(28)

本格的な冬の到来を感じる様になりました。関東地方の天気予報を見ると秩父地方は群馬のみなかみと並んで最低気温が一番低い日が続いています。空気も乾燥して風邪をひきやすくなってきますので注意してお過ごしください。

最近の新型コロナの状況について少し書いてみます。

・全国的に新型コロナの感染が拡大しています。第3波はまだピークが見えておらず、これからさらに感染者の増加⇒重症者の増加⇒死亡者の増加となっていく可能性があります。Googleの感染予測でも、今有効な手立てを打たないと年末にかけてさらに感染者は増え続けると予測されています。また高齢者の感染が増えており、重症化率・死亡率は第2波よりも高くなってしまうかもしれません。第3波の収束に向けて『今』全国的に感染予防を徹底していかなければなりません。

・最近東京のGo toトラベルについてよく話題になっています。ただ現状はそれを制限すると収まるというレベルではなくなってきています。恐らく都内の新規感染者のほとんどの人は都内で感染しており、本来であれば仕事や学校などの日常レベルでの人の接触を制限していかないと収まらない状況だと思います。感染地域の人が他の地域に感染を拡大させないために、長距離の移動を控える事は当然必要ですが、Go toトラベルの良し悪しが話題中心になると、「自分は旅行に行かないから大丈夫」的な発想になってしまう事が懸念されます。今は、以前の様に個人レベルで「極力人との接触を避ける」「絶対自分がうつらない」「絶対自分がうつさない」意識を高めなければならない時期だということをしっかり認識してください。

・東京発着のGo toトラベルについては『65歳以上・基礎疾患のある人の自粛要請』というとても中途半端なものになりました。皆さんもお気づきの様に一部の人の行動を制限しても感染拡大を防止する事にはなりません。高齢者は自分で外出して感染するということだけでなく、若い世代からの家庭内感染・施設内感染などで感染しています。重症化の危険が大きい人達への感染予防の為には若い世代の人達もしっかり注意をしなくてはなりません。その意味では国も東京都も本来ならGo toトラベルを『一旦停止』したいところだと思いますが、恐らく観光業や飲食業への負担が待ったなしになっているという事なのだと思います。地域によっては(沖縄・離島など)難しい所もありますが、それぞれの地域の中で『地域を守る』ために、負担の大きい業種を支えるための工夫が必要となってくると思います。この機に「地元の宿泊施設に泊まってみる」「近くの飲食店で外食あるいはテイクアウトする」などの動きが盛り上がるといいのではないかと思っています。

・秩父地域では引き続き大きな流行はみられていません。しかし、埼玉県全体でみると毎日多くの新規感染者が出ており、医療機関はひっ迫しているそうです。新型コロナの治療や療養施設については都道府県単位で管理されているので、埼玉県全体の感染状況は我々秩父人にとってもとても重要です。これ以上感染者が増えると、入院できる病院や療養できる施設が無くなってしまうという問題が現実的に出てくると思います。都内の宿泊療養施設(ホテル)ではすでに入院先を探すのが難しくなっている為、中等症に近い有症状でも医療機関に移るということが難しくなってきている様です。必要な医療が受けられない状況がすでに差し迫っています。そういった意味でも今一番大切なのは『自分が感染しない』ことです。秩父地域での流行が起こらないよう引き続きの注意をよろしくお願いします。

・ワクチンの接種が現実的になってきました。かなり有効性が高いとされるワクチンが開発されており、最近では一度ついた免疫がそれなりの期間(いまわかっているのは半年)維持されることがわかってきました。ワクチンによる予防効果が高く、効果が長持ちしてくれれば新型コロナ戦いにも出口が見えてきます。安全性の問題はまだありますが、希望を持てるニュースだと思います。期待しつつ、それまでの被害を最小限にできるよう頑張りましょう。

 

今日は本来なら秩父夜祭ですね。今年は屋台や傘鉾の曳き回しがなくて本当に残念です。

毎年お祭りをみると『秩父人で良かった』と思い、一年の終わりを感じています。

今晩19時半から花火が上がるようです。空を見上げて美しい花火を見て、不安な気持ちや寂しい気持ちを吹き飛ばしてもらいましょう!

夜祭(屋台)イラスト

臨時休診のお知らせ12/2午後

12/2(水)は院長出張の為、午後が休診になります。午前中は通常通り診療しております。

ご迷惑おかけしますがよろしくお願いします。

秩父地域における新型コロナ対策について(27)

四方の山が色づいてとても美しい日々が続いていますが、この時期に太鼓の音が聞こえないのはとても寂しく感じています。

全国的に新型コロナウイルスの感染が拡大しています。

東京・埼玉を含む首都圏や北海道、大阪などで感染者数は爆発的に増加しています。今のところ右肩上がりの状況が持続しており、今後もしばらく増加していく可能性があります。重症者の増加は大体7日間くらい遅れてくるので、これから重症者も急速に増えてくる可能性がありとても心配な状況です。

前回の投稿時と比べて、我々もさらに日常生活の中の注意レベルを上げなければいけない必要な状況にまたなってしまいました。

 

テレビなどで報道されている様に今回の第三波と言われる感染拡大は全国的に、全世代に広がりを見せています。また集団感染(クラスター)も第二波の様に『夜の街』中心ではなく、職場や学校、病院や介護施設など色々な場所で起こっています。「いつでも」「どこでも」「だれでも」感染する可能性があると注意が呼びかけられています。

確かに新規感染者の増加とともに感染経路不明の感染者も増えており、今まで以上に色々な所で注意が必要だと思います。

ただ最近よく言われている『家庭内感染予防』や『マスク会食』というものにはやや違和感も感じています。

最近は感染経路がわかっている人の中では、家庭内感染が最も多く(40%程度)、次いで職場や病院・介護施設などが多いと言われています。それを受けて家庭内感染に注意する様、ニュースなどではしきりに言われています。しかし以前にも書きましたが、現実的には家庭内での感染予防はかなり難しいと思います。家庭内でもマスクをしたり、接触を避けたりすることはとてもストレスの多く現実的ではありません。前提となっている感染経路の話に戻ると、感染経路として家庭内が最も明らかになりやすいという要素が大きいと思います。恐らく、家庭内や職場内、施設内感染はほとんど濃厚接触者の検査で明らかになっています。一方で会食や旅行などのレジャーによる感染は自己申告がなければ明らかになりません。恐らくこれまで感染した人がその後大変な思いをされているのを見て、最初の頃より正直に行動を申告できない人が増えているのではないかと思います。また急激な感染者の増加により保健所の負担も急増して感染経路が十分に追えなくなってしまっているのではないかと思います。この傾向が強くなるとは社会全体として感染を抑えていく事がとても難しくなってしまいとても危険です。家庭内感染は、誰かが家庭外で感染してこなければ絶対に起こりません。やはりまずは家庭外での感染をしっかり予防することにつきると思います。『絶対に家庭内にウイルスを持ち込まない』という気持ちで家庭外での感染予防を頑張りましょう。もちろん家族の中に高齢者や体の弱い方がいる場合、仕事で都心に通勤していたり、不特定の人との接触が避けられない方などは家庭内での感染にも一定の注意を払って下さい。

感染する場面としては飲食を伴う状況が最も危険が大きい事は間違いなさそうです。そういう意味では『マスク会食(一口ずつマスクをずらして飲食する)』という工夫も必要かもしれません。ただ、これだけ流行が拡大している事を考えると流行地ではまずは会食を控える事が必要です。特に普段行動を共にしていない人、例えば同窓会のような集まりは控えて頂きたいと思います。またちょっと前の様にある程度落ち着いた状況になるまでは、「普段から食事をともにしている人と外食に行く」「テイクアウトを利用する」など、安全な方法で飲食店も守っていくようにしましょう。

逆に以前から言われている事ですが、人と会う場合でも飲食をしないでお互いマスクをして会話を楽しむ分には比較的危険が少ないようです。今は飲食にこだわらず、お互いを守りながら交流して頂きたいと思います。

 

秩父地域では今のところ第三波の影響は明らかになっていません。しかし、また秩父で感染者が出るのも時間の問題です。これまでも秩父地域では数人感染者が出ても皆さんの努力で大きな流行を作らずに乗り切ってきました。今後も運悪く感染してしまった人がいても、その人から集団感染などが起こらない様みんなで注意していきましょう。繰り返し書いていますが、感染してしまった人を「絶対に責めない」、「地域で支える」ということも併せてお願いします。

 

第三波の真っ最中です。

今一度基本に戻って、『マスク・手洗い・換気』、『三密の回避』!

ワクチン関係は良いニュースが入ってきていますが、まだ新型コロナ収束には時間はかかりそうです。希望を持ちつつ、一人一人が身近な所から、地域みんなで頑張っていきましょう。

21 ~ 30件 / 全130件

診療科目

家庭医療ってなぁに?

近藤医院について

近藤医院について

所在地:埼玉県秩父市日野田町1丁目9-30
TEL:0494-22-0043
時間:午前 9:00~12:00,午後15:30~18:00
詳細はこちらから

ページTOPへ